MonoBlo 良いモノで日々を飾る

良質なモノで日々を豊かにする。旅行、登山、アウトドア、読書レビュー

Coleman フォールディングリビングテーブル120 オススメ購入レビュー

Coleman フォールディングリビングテーブル120

 

キャンプ用品を日常でも使いたいという思いで、こちらのテーブルを購入しました。

 

 実際に、我が家のメインテーブルとして展開しています。

f:id:rabbit_soup:20200430180135j:image

 

なかなかしっかりとした作りになっており、問題なく使えております。テレワークなどにも使えるのではと思います。

 

オススメ3ポイント

1 軽くて収納も楽々

2 2段階に高さを調整可能

3 ナチュラルな木目調が家とアウトドアで馴染む

 

1 軽くて収納も楽々

Coleman フォールディングリビングテーブル120は、非常に軽いです。5.5kgとなっております。専用の収納ケースもつくため、男性は十分持ち運べるでしょう。

 スペックは以下の通りです。

使用時サイズ(高) 約70×120×70cm
使用時サイズ(低) 約70×120×41cm
収納時サイズ 約36×120×9cm
重量 約5.5kg
耐荷重 約30kg
天板材質 メラミン樹脂、ポリプロピレン
フレーム材質 アルミニウム、他
付属品 収納ケース

 

2 2段階に高さを調整可能

このColeman フォールディングリビングテーブル120は、ロースタイルにも対応していることも嬉しいポイントです。ロースタイル時の高さは、約40㎝です。チェアもロースタイルであれば、ロースタイルのキャンプをすることができます。

 

もちろん、通常の70㎝の高さであれば、リビングテーブルとして日常使いをすることができます。使用時の用途に合わせて使い分けのできるお得なテーブルと言えます。

 

 

 

3 ナチュラルな木目調が家とアウトドアで馴染む

 このナチュラルな木目がすごく気に入ったので、購入しました。我が家のカーペットのアイボリーとも合います。柔らかな色合いですので、食事を並べてもオシャレに映えますよ。

 

 

他の候補

スノーピーク ワンアクションテーブル竹

 

このワンアクションテーブルとの比較で最後まで悩みました。いずれは手に入れたい一品です。ワンアクションローテーブルを購入しているので、さすがにこちらは許しが出ませんした。価格も質感も重量もさすがはスノーピークという一品です。

 

スノーピークワンアクションローテーブルの記事はこちら!

 

rabbit-soup.hatenablog.jp

 

 意外と便利、購入して良かった!Apple Watch3 オススメ購入レビュー

 意外と便利、購入して良かった!Apple Watch3  

 

ついに、妻の許しを得て購入しました。

Apple Watch series3

 

購入の経緯

 

 

スポーツ・アウトドアに使える時計が欲しかった。

かっこいい時計が欲しかった。

iPhoneとの連携できるウォッチが欲しかった。

 

誕生日が近かった・・・

 

 

 

 

いざ、開封の儀!

 

 

 

 

 

オススメ3ポイント

 

私が購入したのは、iPhone端末とBluetooth通信をして起動するモデルです。その前提でレビューします。

 

1 お手頃価格

なんと、Appleが価格改定をしたのです。2万円以下の価格設定になりました。

 

価格改定の理由としてはおそらく次の2点です。

1 近いうちに新シリーズがリリースされるということ

2 今まで様子見をしていたユーザーに一度試してもらいたいということ 

 

その戦略にまんまとはまりまして、私の洗濯した42mmについても2万前半ということもあり、お試しにはもってこいということで購入しました。

 

使ってみたら、結構便利でございました。

 

 

2 便利な機能がてんこ盛り

交通系ICカードSuica

・クレカを登録してお会計を済ませられる

 ・ストップウォッチ機能

 ⇨地味に使います。山やキャンプで測ります。

・音楽

 ⇨腕時計から操作もできます。地味に嬉しい便利機能です。

・アクティビティ機能

 ⇨運動量の見える化は非常に意識するきっかけとなった。

 

特によかったのは、最後のアクティビティです。運動って本当に意識しなければやらなくなってしまう。このアップルウォッチは、本当に素晴らしいことに、デスクワークしている時にも「そろそろ、立ち上がってください」と促してくれます。

 

優しさに涙が出るよ・・・ 

 

 

3 やっぱり、デザインが良い。iPhoneとの親和性。

 これが大事ですね。iPhoneを使っているのであれば、アップルウォッチですね。アクティビティもiPhoneで確認できますし、見やすいです。

 

そして、シンプルなデザインが最高にかっこいい。私は、スペースグレーを選択しました。iPhoneも同様の色です。

 

最初は、私も様子を見ていたAppleWatchですが、本当は欲しかったというのがよくわかりました。自分に正直でありたい。

 

価格が下がったというのが一番の理由になりましたが、試してみると本当に便利な機能が盛り沢山でした。さらに使い込んで便利さをお伝えできるように使用感レビューもしたいと思います。

 

 

 

 

ポイント読書(ライフ編)『考えすぎない人の考え方』まとめレビュー

『考えすぎない人の考え方』まとめレビュー 

 

衝撃の言葉でした。考えているふりをしてきた自分が正しかったのか。なんとかバイアスが働きます。。

 

・忘れる力は、新しい情報への対応力

なるほど。すぐに忘れてしまうことに悩んでいましたが、新たな情報への対応を早めるためでした。なんと素晴らしい。

 

 

・重要なのは行動を決めること。期限付きでもやるやらないの方針をつけよう。

 非常に難しい問題である。やるか・やらないか。伸ばしても意味がない。

 

・詳細を記憶するのではなく、ざっくり掴むと意思決定は早い

 ざっくりと掴んだ方が良い。詳細を把握してしまうとかえって意思決定ができない。

 

・言葉以上のものを勝手に受け取らない。邪推しない。友好的に接すれば、相手もそうしてくれる。

 言葉以外のものは無視する。考えても仕方がない。その勝手な思い込みで、攻撃してしまうことの方が問題である。

 

・攻撃されたときは、事実の捉え直しをすることが有効になる。

なぜ、怒っているのか。たとえ違っていても、事実の捉え直しをする。「きっと奥さんに不倫がばれたから怒っているんだろう」とか。ユーモアに溢れているとなお、良い。

 

 ・ハーバードの75年間の研修の結論「幸福と健康を高める一つの方法はよい人間関係である。

 ポジティブな態度を意識する。その人の周りにいるようにする。今の環境がよくないのであれば、抜け出す。

 

 

以上がポイントでした。

 

感想

 

考えすぎてうつ病を発症するということがあるように、考えすぎることは時に人を壊す可能性があることである。

 

考えても仕方がないことはあります。私も考えて考えて行動できない・気遣ってしまう人間であるので、読んでて痛くもありました。

 

考え過ぎてしまうのも問題であるということですので、気にしないようにすることが大切である。

 

 

過去記事はこちら!

 

rabbit-soup.hatenablog.jp

rabbit-soup.hatenablog.jp

rabbit-soup.hatenablog.jp

rabbit-soup.hatenablog.jp

rabbit-soup.hatenablog.jp

rabbit-soup.hatenablog.jp

rabbit-soup.hatenablog.jp

rabbit-soup.hatenablog.jp

rabbit-soup.hatenablog.jp

rabbit-soup.hatenablog.jp

rabbit-soup.hatenablog.jp

rabbit-soup.hatenablog.jp

rabbit-soup.hatenablog.jp

rabbit-soup.hatenablog.jp

rabbit-soup.hatenablog.jp

rabbit-soup.hatenablog.jp

rabbit-soup.hatenablog.jp

rabbit-soup.hatenablog.jp

rabbit-soup.hatenablog.jp

rabbit-soup.hatenablog.jp

rabbit-soup.hatenablog.jp

rabbit-soup.hatenablog.jp

rabbit-soup.hatenablog.jp

 

 

信頼の飯ごうギアと言えばこれ!トランギア(trangia)メスティンオススメ購入レビュー

 トランギア(trangia) メスティン オススメレビュー

f:id:rabbit_soup:20200802092529j:image 

 

ついに、THE NORTH FACEの直営店舗で発見しました。

 品薄で、全く見つからないメスティンが・・・!

 

トランギアのメスティンは、お米を炊くだけではなく、蒸したり、炒めたりクッカーとしても非常に優秀ですので、非常にキャンパーからの人気が高い製品です。一つ揃えておいて損はないと思います。

 

日本では、イワタニプリムスが代理店販売しています。

 

 

目次

 

 

f:id:rabbit_soup:20200802092529j:image

 

裏パッケージ


f:id:rabbit_soup:20200802092526j:image

 

いざ、開封の儀

 

メタルなメスティンが顔を出しました。かっこいい。

取手の部分が外れていましたので、装着しました。取手の部分は、上下に動かすことができます。収納する際には、写真のように上蓋部分に重なる仕様です。


f:id:rabbit_soup:20200802092538j:image

 

上蓋を外すとこんな感じです。

 


f:id:rabbit_soup:20200802092535j:image

 

淵の部分は荒削りなため、研磨する必要があるようです。他のブログに詳しく掲載されていましたので、ここでは割愛します。いずれ私も試して載せたいです。

 

 

 

オススメ3ポイント

1 信頼の飯ごう

キャンパーに信頼の厚い製品になります。これは非常に大きな要素でした。あらゆる雑誌をみても、飯ごうと言えばメスティンでしたから、本当に多くのキャンパーから信頼を得ているのだなと感じました。

 

やはり、キャンプ場にいくとトランギア(trangia)メスティンは、映えますよ。米が食べられるのは嬉しいですね。

 

 

2 パッキングできる

トランギア(trangia)メスティンは、バーナーまたは固形燃料での加熱になるかと思います。トランギア(trangia)メスティンの中に、その加熱ギアを格納できる点は非常に良いと考えています。こうしたミニマムな要素があるのも非常に嬉しいですね。

 

取手の部分もそのまま上蓋にセットできるようになっており、格納要素が強いです。

 

 

3 簡単に炊飯できる

まずは、お米を入れて水に30分ほどひたして米に水分を吸収させておきます。あとは、固形燃料に火をつけてコトコトと炊くだけでできます。本当にそれだけです。最高の状態になりました。取手の部分の金具留めの半分ほどの水の量にすると美味しく炊けるようです。私も試してみましたが、美味しくできましたよ。

  f:id:rabbit_soup:20200823093246j:image

 

このあと、カレーをかけていただきました。最高の時間・・・

 

以上がオススメ3ポイントでした。

トランギア(trangia)メスティンは、本当にオススメです。価格も安いですし、1台は揃えてみてください。キャンプでの調理の幅が広がりますよ。

 

 

 

オンラインでもチェックしてみてください。

 

 

 

ポイント読書(ライフ編)『100%得する話し方』まとめレビュー

ポイント読書(ライフ編)『100%得する話し方』まとめレビュー

 

目次 

 

 

・話を聞く。

 ひたすらに。これに尽きるようです。

 

 

・聞き手であるあなたが「会話の舞台から降りて」、相手に9割話をさせる。

面倒なやつは大抵わかります。会話泥棒もそうですね。 

 

・人はあなたの話に興味がない。人は自分の話を相手が真剣に聞いているかどうかだけをひたすら見ている。

相槌や合いの手が大事です。

 

・人は基本的に自分の聞きたいようにしか相手の話を聞いていない。

これは、ハッとさせられる一文である。7つの習慣でも言われてたような。

 

 

過去記事はこちら!

 

rabbit-soup.hatenablog.jp

rabbit-soup.hatenablog.jp

rabbit-soup.hatenablog.jp

rabbit-soup.hatenablog.jp

rabbit-soup.hatenablog.jp

rabbit-soup.hatenablog.jp

rabbit-soup.hatenablog.jp

rabbit-soup.hatenablog.jp

rabbit-soup.hatenablog.jp

rabbit-soup.hatenablog.jp

rabbit-soup.hatenablog.jp

rabbit-soup.hatenablog.jp

rabbit-soup.hatenablog.jp

rabbit-soup.hatenablog.jp

rabbit-soup.hatenablog.jp

rabbit-soup.hatenablog.jp

rabbit-soup.hatenablog.jp

rabbit-soup.hatenablog.jp

rabbit-soup.hatenablog.jp

rabbit-soup.hatenablog.jp

rabbit-soup.hatenablog.jp

 


 

究極のシティ向けバックパック Masterpiece Potential オススメ購入レビュー

究極のシティ向けバックパック Masterpiece Potential 

 

私が一押しのブランドである「Masterpiece」意味は、「傑作」です。まさにその言葉の通り、傑作だらけのブランドです。特に、このポテンシャルシリーズは、本当によく作り込まれた作品だと思いますので、長年愛用してきて感じた点をレビューします。

 

目次

  

 

オススメ3ポイント

私が長年使用して感じたオススメポイントを解説していきます。

 

1 街に馴染むデザイン

Masterpieceの真骨頂は、街との親和性だと感じます。本当におしゃれな、かっこいいデザインを考えています。特に、このポテンシャル は、街で使用する若い世代をターゲットにしている製品だと言えます。ファッション要素の高い色味とポップなデザインで、オシャレに背負うことができます。本体自体のデザイン性も非常に高いので、チェックしてみてください。フックの部分などは、遊び心があってかっこいいです。

 

2 ニーズに応える機能性

ポテンシャル シリーズも若者のニーズに応えており、PCスリーブを完備しています。正直、このPCスリーブはかなり重宝しています。衝撃からPCを守ってくれますし、安定感もあります。 

 

また、上蓋部分の収納もかなりありがたい機能の一つです。ここの使用率は一番じゃないかなと思います。相当使いますよ。ユーザーのことを考えて機能がシティー向けに完成されているのが、このポテンシャル シリーズだと言えます。

 

3 作り込みがしっかり

何よりも、バックパックとしての作り込みなのですが、初期のものは、コーデュラ生地を使用していたりと当初からかなり力を入れています。要は、生半可なナイロンではなく、きっちりアウトドアのバックパックとしての機能も放り込んでいるから素晴らしい。現在のポテンシャル V-2にも、受け継がれており、

 

堅牢性に優れたオリジナルのナイロン“マスターテックス07”をメイン素材に据えています。さらに、生地表面には撥水加工を施し、裏面は特殊透湿防水フィルムでラミネートすることで機能性を一段と高めています。

 

そして、最後に語りたいのは、「メイド・イン・ジャパン」であること。Masterpieceの素晴らしきところは、日本の職人さんがハンドメイドで作成していること。動画や実際に店舗で実演してくださったのをみたことがあるのですが、日本の技術は本当に素晴らしいことだと再認識させられました。

 

スターピースのバックは、4つ家にあるのですが、本当にオススメです。

 

 

以上が、オススメ3ポイントでした。 

 

 過去記事はこちら!

 

rabbit-soup.hatenablog.jp

rabbit-soup.hatenablog.jp

rabbit-soup.hatenablog.jp

rabbit-soup.hatenablog.jp

rabbit-soup.hatenablog.jp

rabbit-soup.hatenablog.jp

rabbit-soup.hatenablog.jp

rabbit-soup.hatenablog.jp

rabbit-soup.hatenablog.jp

rabbit-soup.hatenablog.jp

rabbit-soup.hatenablog.jp

rabbit-soup.hatenablog.jp

rabbit-soup.hatenablog.jp

 

ポイント読書『やめたいのにやめられない悪い習慣をやめる技術』レビュー

ポイント読書

『やめたいのにやめられない悪い習慣をやめる技術』

 

 ポイント

 

・ハマり行動を回避したい。

 ⇨悪いハマりで行動が習慣化されているものがある。タバコや酒・・・ストーキング、痴漢、万引きなど。

 

・本能の行動に反射して生理的報酬が得られて「はまる」のである。

 

・「空振り」という技術

⇨疑似・想像で報酬を得られなくする。

 

・「まっ、いいか。」

この言葉を使えば何でも許されるという時間が始まる。恐ろしいことば。

 

・ストレスも要因になる。

 

・ヒューマンエラーは、成熟した動作により起こる。

反射的な動作。時々、意識的にミスする練習をすると、この現象を回避できる。

 

・「あがる」「過去にこだわる」「将来不安」「人の悪口をいう」など、やめたいのにやめられない思考の「癖」は「防御」の「過剰な作動」です。「制御刺激」は、必ず安全を感じられる時に行うことからスタートし、その後、行う状況を広げていきます。

 

感想

本書を読んで、なるほどと感じた。人は「ハマる」のである。そこには、成功報酬や、自己の防御により安全を感じたいという本能も関係しているのである。

 

「ハマり」を回避するには、「空振り」という擬似体験により報酬を得ない訓練を反復することで、回避する技術もある。この空振りという技術は、本当に大変な作業であることを想像した。

 

「ハマり」は、その人にとっては、自己防衛による安定感を得るための手段となっているため、ハマり行動を辞めさせるのは並大抵のことではないと思われる。周りの協力も必要になろう。

 

幼少時のトラウマやこじらせが原因で、周りとの関係性を築けないという方が多いように感じる。